私がかごバッグを作ったきっかけとは?
こんにちは!
紙ひもで作るかごバッグ
クラフトmame⭐mameです。


新学期や新年度が始まり、新しい事にチャレンジしている方も多いのではないでしょうか?
そして、新しい事に四苦八苦している人を見守る人は、自分の初めてを思い出しているのかもしれませんね。

今日は金曜日
週末はゆっくり休んでリフレッシュして、また月曜日から頑張って下さいね!






さてさて
今日は私の初めてのお話

紙ひもで作るカゴバッグをはじめたきっかけは、自転車事故で頚椎を損傷してからです。
手術して退院後、療養中のリハビリ目的ではじめました。

今でも続く症状として、左手の握力が弱いのと、痺れがあります。
握力は仕方ないとして、痺れに関しては、じっとしていると気になるのですが、常に手を動かしているとあまり気にならないので、私にもってこいの新しい趣味がハンドメイドでした(о´∀`о)

しかも、紙ひも素材のメリットは、柔らかくて軽くて、力を入れなくても編み続けることが出来るのです。
握力がなくなった私に、まさにぴったりなハンドメイド!





最初の作品は人様にお見せできない程のお粗末なカゴでしたが、何事も続けると上達するものですね。手が慣れるともいうかもしれませんが、知り合いにプレゼント出来るくらいまでにはなりました。

たくさん作っていくなかで、市民バザールで販売してみようかな、と思ったのもこの頃ですね。






初めてお金を頂いたかごバッグは今でも覚えています。


大抵のハンドメイド作家さんが通った道と、同じ道を辿ってきた感じですが、ひとつ違うことは

もともと手芸は大嫌いだった


ということです。
(家庭科の通信簿は5段階で2)

リハビリがきっかけなので、針や糸も持っていませんでした。


それでも、ドイリーを編むためにかぎ針編みをはじめましたし、ドイリーの糸の始末用に針も糸切り挟みも揃えました。


今は、委託先やネットショップでの販売が中心です。お客様に喜んでもらえるかごバッグを作りたいので、苦手な部分は大分克服しました。


今は、紙ひもかごバッグを中心に作っていますが、春からは山葡萄のかごバッグも作っていきます。







実際の山葡萄かごバッグの販売は秋以降にずれ込むそうですが、山葡萄との出会いはこちらで紹介しています(///∇///)


みんな、初めては最初から上手くはいきません。むしろ、うまくいっちゃうと軽く見てすぐに飽きてしまいます。なので上達はしません。
本当に上達するためには、たくさんチャレンジして、たくさん失敗して、でも失敗から学んで失敗を繰り返さないこと。その積み重ねが上達に繋がります。


私も日々チャレンジです。
まだまだ失敗もします。
だから続けます。


一緒に頑張りましょう~(*´∀`)







minneのハンドメイドマーケット



4月28~30日
東京ビックサイト
三日間出店します
前売り券はこちらでお買い求め頂けます🎵
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

かご職人@まめまめ

Author:かご職人@まめまめ
こんにちは!
クラフト mame☆mame
みなみです^^
紙ひもでいろいろなカゴを作っています
冬場は冬眠中ですがw
雪解けと共に人知れず活動します♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク