スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紙ひもかごバッグが恐れるものは?
こんにちは!
紙ひもで作るかごバッグ
クラフトmame⭐mameです



今年は雪が少ない札幌です。
その分寒さが凍みますが(笑)灯油が安いので嬉しいです。

去年は、すべての部屋の戸を閉めて、10畳くらいの居間で生活の全てを過ごし、寝る一時間前にストーブを消してから、寝室の戸を開けて居間の暖気を流すという、超ケチケチ生活をしてました。

旦那様には厚着をさせ、うたた寝禁止(笑)風邪引くから(笑)
私は湯たんぽ二個使いで、部屋の気温は18度設定(笑)
なんとか19度にして欲しいと懇願され、仕方なく二月に19度設定で妥協しました。


今年は設定20度です(笑)
とっても贅沢な気分( 〃▽〃)
旦那様も存分にうたた寝しています。
しかーし!変動する灯油価格によっては、設定温度の変更を恐れる旦那様なのでした。


私は特に恐れるものはないのですが(笑)
かごバッグが恐れるもの、確実にひとつあります。

それは


長時間浴びる光です



水でも重さでもなく、光?
と、思うでしょう?


かごバッグの材料である紙ひも
特に濃いめの色は日焼けをしやすいのです。
そして、人間と違い、日焼けをすると白くなってしまうのです。
よく、屋外の看板が日焼けして背景や文字が消えてることがありますね。それと一緒です。


日光や蛍光灯やライトの光でも日焼けしてしまうのです。




↑右のウサギが日焼けした状態です


ただ、外に持ってお出掛けするくらいなら気にならないのですが、例えば日当たりの良い窓際に固定で飾っていたり、ライトの近くの棚にかごバッグを置いて夜間も光を当てまくっていると、気がつくと日焼けで色が飛んでいることがあります。
重い荷物を入れたり、水に濡れても、形を整えたり乾燥させれば再生されるのですが、日焼けは直りません。
なので、動物かごバッグなどを飾るときは、ライトや窓際を避けて飾っていただくと良いと思います。









日焼けしやすい色は
濃い色はが中心です



濃いピンク
濃いオレンジ
などなど
特に一色で作ったかごバッグは
日焼けすると目立ちやすいのです。



↑クロネコさんも、置く場所によっては日焼けしてグレーネコさんになってしまうかも…




逆に考えると、色を組み合わせたり、マーブルに作ると、日焼けも目立ちません。
日焼けしづらい、クラフト色やパステルカラー、白なんかと組み合わせると、より目立たなくなります。



↑シロネコさんは日焼けしづらいです



↑パステルカラーのこぶたさんも日焼けが目立たないです



↑マーブルやクラフト色も日焼けが目立ちません


日焼けに注意する色の濃いかごバッグも、保管場所をちょっと変えるだけで長持ちしますよ。



今回ご紹介したかごバッグは、ピンクのウサギ以外
minneで発売中です。


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

かご職人@まめまめ

Author:かご職人@まめまめ
こんにちは!
クラフト mame☆mame
みなみです^^
紙ひもでいろいろなカゴを作っています
冬場は冬眠中ですがw
雪解けと共に人知れず活動します♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。