新年はお気に入りバッグをゲットして♪
こんにちは!
紙ひもで作るかごバッグ
クラフトmame⭐mameです



本日、やっと初詣に行ってきました!
北海道神宮と、氏神さまである平岸相馬神社へ。
神様、遅くなってすみません。
今年もよろしくお願いします。


そのまま、Kitaraのニューイヤーコンサートに行ってきました。お着物の方もいて、やっぱりおめかししてコンサートに出かけるのは、身が引き締まって、シャキッと背筋が伸びて綺麗だな~(*´∀`)と、見とれてしまいました。

因みに私はいつも普段着(笑)
今度は、おめかししてコンサート行ってみたいと思います!




さて、コンサートで、おめかしした着物の方が持っているバッグをチェックしていると、帯柄物のクラッチバッグや、洋風の手提げバッグを見かけましたが、中には山葡萄のかごバッグを持っている方もいました。




《非売品》



今、私も勉強中なのですが、この素材のかごバッグ、国産の山葡萄を使ったものはとてつもなくお高いのです。



有名作家さん作となると、20万以上もするかごバッグもあり、自然素材だけあって、まさに一点物!
とても貴重なのです。


いつか、私も素敵な山葡萄かごバッグを作りたいですね。


作り方は若干違う部分もありますが、紙紐でほぼ同じ作り方で製作したのが、この




ぐるぐる編みのかごバッグ
です


基本は網代編みという、昔から編まれている伝統的な編み方です。その後、もじり編みという、網代編みを固定させる編み方を加えてから、縁編みをします。






持ち手も、縁編みにからめるように固定させて編み上げていきます。








普通、かごバッグでは、縦横の紐の間に隙間ができる編み方が主流です



↑こちらは普通に編んだかごバッグの底




なので尖ったものや、薄い小さい荷物はバッグの底から貫通してしまうデメリットがあります。



もちろん、網代編みもゼロではありませんが、ほぼ隙間なく仕上がります。




↑ぐるぐる編みのかごバッグの底



自然素材の山葡萄は、ツルが乾くと丸まってしまいます。なので、山葡萄かごバッグはだいたい内袋が付いています。




紙ひもかごバッグなら、内袋なしでお使いいただけますよ。














本日ご紹介しましたぐるぐる編みかごバッグは
minneで発売中です。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

かご職人@まめまめ

Author:かご職人@まめまめ
こんにちは!
クラフト mame☆mame
みなみです^^
紙ひもでいろいろなカゴを作っています
冬場は冬眠中ですがw
雪解けと共に人知れず活動します♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク