聞くに聞けないオーダーの事
こんにちは!
紙バンドでつくるカゴバッグ
クラフトmame☆mameです

今日は会社から帰ったら
普段見ない番組が目に入りました

しくじり先生

今だから言えるぶっちゃけトーク
でも、そこに教訓があり
気づきがありました

そして
ピンと来ましたよ(=゚ω゚)ノ

私の作家活動も9年目を迎えまして
その中でいろいろ感じた事から
皆さんの参考になるところが
あるかもしれない!

というわけで
ハンドメイドをしていく中での
わたしの失敗例をここで
ご紹介していきますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

###########

今日は、オーダーについて

お気に入りの作家さんの作品で
こんなのがあったらいいなー
別な色が欲しいなー
もう少し大きいのがいいなー
という事はありませんか?

作家さんによっては
オーダーや、セミオーダーを
受けてくれる場合があります

もちろん、mame☆mameも行ってます

自分がイメージした通りに
作ってもらえると、嬉しいですよね


↑こちらはキャラキターさんで
オーダー頂いたオランウータン
文字通り、一点ものです(笑)

でも、伝え方が漠然としていたり
モデルがない、1から考える新しい
デザインのオーダーだった場合
作り手とオーダー主との間に
イメージの差がでてくることが
あります

以前、お客様からオーダー頂いた際
ジェスチャーで、これくらいの
大きさで、高さはこれくらいで
…という、本当に漠然としていた
注文でした

色は指定があったので、そのまま
わたしのイメージで作りました

出来上がり、お届けすると
一瞬あれ?という表情をされましたが
そのまま受け取って頂けました

その後、お手紙が届き
本当は希望の形ではなかった、と
図解で再度オーダーを頂きました

しかし、それは、とても紙バンドで
作れるような大きさではなく
(ジェスチャーより縦横高さが
15センチ以上ずつ大きかった)
紙では強度を保てないため
お断りすることになりました

私の失敗は、ジェスチャーの際
サイズを測って、これくらいの大きさ
ですね?と確認したのものの
その確認書控えをお客様にお渡し
していなかった事

そして、こんな形というイメージが
ないまま、私は丸い縁取りで
作りましたが、お客様は四角い
縁取りを希望していたという事です

今まで、オーダーは何度となく受けて
いたので、私の中で慣れているから
大丈夫という慢心した気持ちが
あったのだと思います。

それからは
オーダーを受ける際は
サイズやデザインの確認をしてから
控えをお渡しして、まずは作成後
画像を添付して確認して頂いてから
納品するようにしています

だいたいで良いわよ
と、おっしゃって頂ける方に限って
なかなかなこだわりがあるという事も
オーダーを受けていると
わかってきました(笑)

というわけで、オーダーを受ける際の
注意点は

  1. サイズ、色は図解入りで設計図を双方に書面で残す

  2. オーダーから出来上がりまでの日時を示す(最長で)

  3. 出来上がったら画像か実物で確認頂き、問題なければ納品する

  4. オーダー時に、できる事とできない事を明確にして、無理なオーダーはお断りする勇気を持つ


他にもマイルールを決めておけば
無理なオーダーを受ける事もないし
お客様にとっても何度も作り直しを
依頼しなくても良いというメリットが
あります。

最初は面倒だな~
と、ナーバスに感じていましたが
今ではお客様からアイディアを頂いて
刺激を受けながら新しい作品のヒントを
頂いています♪

反対にオーダーをする立場になったら
逆の事を考えていこうと思います。
だって、本当に好きな作家さんの
作品だからこそオーダーしたいと
思うんですから(#^.^#)


ハンドメイドを仕事にする上で
他にも誰にも聞けない事
たかはしあやさんが答えてくれます!
いよいよアマゾンキャンペーンも
始まりますよ~


Amazon


キャンペーンページ


8月4日5日のご購入でたくさんのプレゼントが当たります!

ニルマーネルさんの
アフタヌーンティーセット付きコンサル
そそられますが、お店に行った事ない
人に是非当たって欲しい…
でも、私も行きたいっ!!
まだ応募してもいないのに
本気で葛藤しています(笑)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

かご職人@まめまめ

Author:かご職人@まめまめ
こんにちは!
クラフト mame☆mame
みなみです^^
紙ひもでいろいろなカゴを作っています
冬場は冬眠中ですがw
雪解けと共に人知れず活動します♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク